東日本通商株式会社

お問い合わせ

広域IP無線

トップページ > 取扱製品・サービス > 広域IP無線 IPネットワーク無線 > 広域IP無線

広域IP無線機とは、音声をパケットデータに変換して通信するVoIPトランシーバーの内、携帯電話会社のデータ通信網を利用することで全国どこでも確実に業務連絡や移動体管理に使用する業務無線のことで、一般的には「IP無線」と言います。
当社では施設・敷地内の無線LANネットワークを利用して業務連絡する構内型IP無線と区分するため「広域IP無線機」としてご案内いたします。

広域IP無線の主な特長

  • 携帯電話会社のネットワーク網を利用するので日本全国どこに移動しても確実な業務連絡をクリアな音声で行えます。
  • 基地局アンテナが不要なのでビル内からも指令可能、車載機の車外アンテナ配線も不要なので設置工事費を低減可能。
  • 多用途な業務用無線ですが、無線局免許・資格・基地局検査や電波利用料などの無線局費用の支払い義務対象外。
  • 簡易無線GPS位置情報や4値FSKタクシー無線配車システムでは動態把握が不安定な移動体管理・データ通信が安定動作。
  • 事業所が各地に点在していても、通常の各所一斉通話・指令・個別通話に加え非常時などには全拠点・全局一斉通話可能。

当社がお奨めする広域IP無線機

モバイルクリエイト

  • NTTdocomoの3G(FOMA)回線を利用
  • 2009年からの販売で豊富な実績で高信頼性システム
  • 汎用動態監視から高度配車管理システムに対応可能(緊急通報、車内音モニタ、タクシーメータ・カーナビ連動、自動日報出力、電子決済システムなど)

アイコム

  • auの4G-LTE回線を利用(IP500M、IP500H)
  • NTTdocomoの3G-FOMA回線にも対応(IP501H)
  • 多人数同時通話が多重で何グループでも可能
  • 携帯機を車載機としてBluetoothマイク通話可能
  • 緊急速報メールの受信に対応
  • 社内IP電話/構内IP無線/簡易無線との接続対応
  • 用途業種に応じたデータ通信システムを構築可能

J.mobile

  • NTTdomocoの3G/LTE回線を利用
  • 独自の回線多重化により災害時でも繋がりやすい
  • PC監視画面がゼンリン地図と航空写真でリアル表示
  • Jアラート/地震速報/津波速報受信に対応(A906)
  • 050IP電話機能装備でIP無線と併用に対応(A906)
  • スマホのアンドロイドアプリを使用に対応(A906)

SoftBank

  • SoftBankの3G回線を利用
  • どれだけ通信しても月額料金が定額で超課金なし
  • タッチパネルに対応した大画面液晶採用(301SJ)
  • IP無線カーナビ一体機との構築でスマート配車可能

サークル・ワン

  • NTTdocomoの3G(FOMA)回線を利用
  • 独自接続方式で瞬時に回線接続通話可能
  • 用途業種に応じたデータ通信システムを構築可能
  • 携帯機は3G回線に加えWiFi回線にも対応
  • スマホ用アプリはドコモ以外の機種でも使用可能